赤ちゃんが帽子を嫌がらないで被せる方法やコツ9選!工夫の仕方を教えます!

スポンサーリンク

赤ちゃんと外に行く時に帽子を被せたいけど、生後8,9ヶ月になると嫌がってとってしまうことってありませんか?

帽子を日よけで被せたいけど嫌がらないで被せる方法がないか悩みません?


ということで、今回は、

・赤ちゃんが帽子を嫌がらない方法
・赤ちゃんに帽子を被せるコツ

について、調べてみましたー。

スポンサーリンク

赤ちゃんが帽子を嫌がらない方法は?

1歳前の赤ちゃんが帽子を嫌がらない方法は、

⚫︎遊びに夢中になってるときにかぶせる
⚫︎赤ちゃんの前でみんながかぶる
⚫︎かぶせたら鏡の前で褒める
⚫︎帽子をかぶってる様子を見させる
⚫︎余裕があるものや素材を選ぶ

などの5つの方法なら、帽子を嫌がらなかったり嫌がることが減りますよ。


では、それぞれ赤ちゃんにとってどのように嫌がらないのか説明しますね。

遊びに夢中になってるときにかぶせる

赤ちゃんと外にお出掛けする前に、本人が何か遊びに夢中になってると他のことは気づかないもの。

こういうときにそっとかぶせるとかぶってることに気づかないので少しの間嫌がることがないですよ。


少しの間といっても5分程ですけどね(私の上の子がこうだったので)。

こうやって徐々に慣らしていくと次第に帽子をかぶるのを嫌がらなくなりますよ。

赤ちゃんの前でみんながかぶる

赤ちゃんが帽子をかぶることが嫌がるときには、帽子が鬱陶しい(うっとうしい)と感じるから。

けど、赤ちゃん以外の家族全員が赤ちゃんの前でかぶるようにしてみたら帽子をかぶる意味を分かってきますよ。

帽子をかぶるときに、外に出るからかぶるよー。など、一言声掛けすることと笑顔でかぶることも大切です。


だた帽子をかぶることを見せても赤ちゃんにとっては帽子をかぶることの意味が通じないこともあります。

けど、笑顔で一言言いながらかぶるようにすると次第に帽子をかぶることが当たり前になっていくので嫌がることも減っていきますよ。

かぶせたら鏡の前で褒める

赤ちゃんに帽子をかぶせたら、鏡の前でかぶってるところを見せて褒めましょう。


最初は嫌がって取ってしまっても繰り返し褒めることで徐々にかぶることが嬉しくなってくもの。

帽子を嫌がらないでかぶるまでに時間はかかるけど、赤ちゃんがかぶることが嬉しいと認識できるまでは褒めることを繰り返すようにしてみてくださいね。

帽子をかぶってる様子を見させる

赤ちゃんの大好きなオモチャ、ぬいぐるみ、アニメなどがあれば、オモチャやぬいぐるみ、アニメのキャラクターが帽子をかぶってるところを絵本やDVDなどで見させてください。

スポンサーリンク

それを見せることで赤ちゃん自身もかぶりたいなって思えるようになってくので、嫌がることも減っていきますよ。

余裕があるものや素材を選ぶ

赤ちゃんが帽子を嫌がることの1つが、ピッタリした物や固い素材なんです。

ピッタリしてると視界が狭くてうざったく感じるし、固い素材だと痒くなることもあるんですよね。


私の下の子は、少し余裕のある物や綿など柔らかいタイプにしたら、少しの間かぶっててくれましたよ。

私の子供のように、赤ちゃんの頭よりやや大きめで柔らかい素材の帽子にするのも嫌がらない要素を減らせるので、帽子を嫌がるときの参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんに帽子を被せるコツ

赤ちゃんに帽子を被せるコツは、

⚫︎楽しませながら被ること
⚫︎好きな人に見せるために被らせる
⚫︎友達が被ってるところを見せる
⚫︎外に行けないことを教える

などの4つの方法があります。


では、これらの方法でどうやって赤ちゃんに帽子を被せるのか説明しますね。

楽しませながら被ること

赤ちゃんが帽子をただ被るよりも本人が被るのが楽しいと思えるようにするのも1つの方法です。


例えば、ヒョイやポンと言いながら自分が被って、被ってるときの声に反応すれば、赤ちゃんにも同じようにヒョイと言いつつ被らせると自然と帽子を被るのも楽しくなりますよ。

反応が薄くても繰り返すことで、楽しくなってくる子もいますから。

好きな人に見せるために被らせる

赤ちゃんにとって大好きな人っていますよね。

その人に見せるために被せるのも有りですよ。

被せるときに、男の子なら“カッコイイ”、女の子なら“可愛い”と言ってくれるから被ったところ見せてみようかー!みたいに伝えてから被らせると上機嫌で被ることもありますよ。

友達が被ってるところを見せる

赤ちゃんと月齢が近い子に会う機会があって、相手が帽子を被る子なら被ってるところを見せるのも1つの手です。

他の子が帽子を被ってる様子を見せることで帽子に興味を示すこともありますよ。

外に行けないことを教える

この方法は、何をやってもダメなときに使う最終手段みたいなもので、何としても帽子を被って欲しいときに伝えましょう。

このときに、帽子を被らないと頭アチチよー。など、赤ちゃん本人が分かりやすい言葉で伝えるといいですね。

まとめ

今回は、赤ちゃんが帽子を嫌がらないで被せる方法やコツについて紹介しました。


帽子をかぶせるポイントは、

⚫︎赤ちゃんの前で家族が帽子を被ったり、鏡の前で被ったところを見せて褒める、素材などを選ぶと徐々に嫌がらなくなる
⚫︎赤ちゃんに帽子を被せるコツは、被るときに楽しませたり、好きな人に見せる、友達が被ってるのを見せる

赤ちゃんが帽子を嫌がるときには、被ることを楽しめるように徐々に被るように工夫してみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です