離乳食の食パンはいつからあげていいの?トーストや食べやすくしたら大丈夫?

スポンサーリンク

赤ちゃんの離乳食も中期や後期になるとパン粥ばかりじゃなくて、そろそろ食パンのまま与えたい。

けど、いつから始めたらいいんだろうか。


赤ちゃんが掴み食べも出来てきてるけど、まだ止めといた方がいいのかな?

もし与えるならトーストにしたらどうだろう?小さく刻んで食べさせるならいいかな?

など、与える目安で気になることが多くて悩んじゃいませんか?


ということで、

・離乳食の食パンはいつからあげていいの?
・離乳食の食パンをあげるならトーストにして持たせたらいいの?
・離乳食の食パンをあげるなら小さくして食べやすくしたらいいの?

など、私の子供が赤ちゃんだったときの離乳食の状況や気になって調べたことについて、お伝えしますね。

スポンサーリンク

離乳食の食パンはいつからあげていいの?

離乳食の食パンはいつからという決まりはないけど、ご飯と違って持ちやすいので、手づかみができてきてるならあげてもいいですよ。

手づかみで食べる練習する意味で少しずつ与えてみたり、本人が食べたそうならあげてみてもいいですね。


ちなみに、私の下の子供は10、11ヶ月の頃には手づかみしたそうで、サンドイッチ用の食パンや食パンの耳をとってそのままあげてみたらひょいって手に持ってパクパクと食べてましたよ。


【合わせて読みたい記事】
➡︎➡︎かにぱんっていつから食べられるの?生後9ヶ月の赤ちゃんに与えてもいいの?

赤ちゃんにあげるなら必ず飲み物は飲ませること

食パンって意外とむせますよね。

大人だって食べてたらいきなりむせることあるじゃないですか?


初めて食パンを浸さないで与えるなら、赤ちゃんがパンを飲み込む時にオエってなりやすいんで、喉に詰まらせないように必ず麦茶・お茶・水などの飲み物は都度飲ませてくださいね。


ちなみに、私の下の子がパン大好きでしょっちゅう食べさせるんですけど、1歳3ヵ月でもむせることがあるんですよね。

なんで、小まめに麦茶を飲ませたら食べ終わるのを見計らってまた与えたりしてますよ。

飲み物を飲むのが嫌な場合

仮に、本人が食パンを食べた後に飲み物を飲むのが嫌がったら、必ずごっくんと食べたのを確認してから、食パンを与えてくださいね。

もし、喉に詰まらせたら大変なんで(汗)

食べさせる時には必ず大人が見てる時にする

初めてそのまま食パンを与える時って、食べるかどうか様子をみますよね。

様子をみることが大事で、もし、適当に与えてたり話しながら与えると赤ちゃんの口に入ってない・喉に詰まる、などがあるかもしれないです!

なので、仮に初めてあげるなら、食べさせる際には必ずよく見てあげてくださいね。
   

スポンサーリンク

離乳食の食パンをあげるならトーストにして持たせたらいいの?

初めて食パンをそのままあげるなら、食べにくそうならトーストにして持たせてもいいですよ。


ただ、トーストにすると硬くなっちゃってパサパサして食べにくいし赤ちゃんの歯の力だと食いちぎれない場合があるんですよね。

なので、赤ちゃんの普段の離乳食の食べ具合で、トーストにして持たせるかどうか決めてみてくださいね。
調べてて気づいたんですけど、赤ちゃんに与える食パンをトーストにして持たせる場合、メリットってあったんですよ!

じゃあ、赤ちゃんにあげる食パンをトーストにして持たせるメリットって何なのか説明しますね。

スポンサーリンク

トーストで持たせると持つ練習になる

赤ちゃんって、離乳食中期や後期になると手つかみして持つことに興味を示し始めるじゃないですか?

なので、トーストした食パンを小さめにして持たせると持つ練習にもなるので、本人がやりたそうだったら試してみてくださいね。

トーストにすると噛む練習になる

赤ちゃん自身がパンを軽くトーストした硬さでも食べられそうなら、噛む練習として与えてみてください。


トーストしたパンって赤ちゃんにとっては噛みやすいし、赤ちゃんって歯が生えてくると歯がむず痒くって噛んじゃいますよね。

ママの腕や足とかを噛まれるよりも食パンを噛んでくれた方が有難いですよね!

そういった意味でも、噛む練習としてトーストしたパンを与えてみるのもいいですね。

焼くことで甘味が増すことも

聞いた話なんですけどね、食パンって焼いた方が甘くなるんですよね。

離乳食で甘いのを好んで食べる子ならあげてもいいですね。

離乳食の食パンをあげるなら小さくして食べやすくしたらいいの?

赤ちゃんって飲み込む力が弱いじゃないですか!

弱いから食べすぎたり、硬いものや大きい物を食べるとむせちゃいますよね。

なので、食パンをあげるなら、小さいサイズにした方が喉に詰まらないので、あげるときには必ず小さめにちぎってあげてくださいね。

食パンをあげるときの量やサイズ

食パンを赤ちゃんにあげるときの量や大きさなんですけど、

⚫︎量は赤ちゃん用のスプーンに乗る位
⚫︎サイズは1~1.5cm位の大きさ

にすると喉に詰まらせずに食べることができますよ。


私が下の子にいつも食パンをあげるときの量やサイズがこの位で、パクパク食べるし喉につまらないですよ。

まとめ

離乳食の食パンはいつからあげていいの?仮にあげるならトーストにして持たせたり、小さくして食べやすくしたらいいの?についてお伝えしました。


簡単にまとめると、

⚫︎離乳食で食パンをあげるなら、手づかみができそうなときや食べたそうならあげてもいい
⚫︎食パンをトーストにして持たせるなら持つ練習にもなるが、パンが硬くなるので普段の赤ちゃんの食べ具合で決める
⚫︎食パンをあげるなら、喉に詰まらせないように、赤ちゃん用のスプーンに乗る大きさにすると良い


赤ちゃんに食パンを初めてあげるときにはこれらを参考にしてみてくださいね。


【合わせて読みたい記事】
➡︎➡︎離乳食でパンの耳っていつから与えていいの?経験や調べたことを紹介!
➡︎➡︎離乳食のチーズってベビーチーズの事?仮に赤ちゃんに与えるなら量は?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です